スポンサーリンク

《統率者》不死のプリンス、オルクス / Orcus, Prince of Undeath

不死のプリンス、オルクス 統率者・EDH
統率者・EDH
スポンサーリンク

実戦で使えるコンボ

勝ちに繋がるコンボをいくつか紹介したいと思います!赤黒であれば統率者問わず仕込めるコンボですので参考にしてみてください。

鏡割りのキキジキ + 士気溢れる徴集兵

鏡割りのキキジキ 士気溢れる徴集兵

鏡割りのキキジキ 》で《 士気溢れる徴集兵 》をコピーして、無限に速攻を持った徴集兵を生成するコンボです。古えよりあるコンボで赤単でも使えます。

1:キキジキで徴集兵のコピーを生成
2:生成した徴集兵の効果でキキジキをアンタップ
3:1に戻って以下ループ
4:速攻を持った無限の徴集兵で全員に攻撃して勝利

ファイレクシアの発掘者

これら2つが墓地にある状態で《 ファイレクシアの発掘者 》を場に出すことができれば、一気に上記のコンボを揃えることも可能です。この発掘者をリアニメイトか普通に唱えればOKです。

1:発掘者の効果でキキジキをリアニ
2:キキジキの効果で発掘者のコピーを生成
3:生成した発掘者の効果で徴集兵をリアニ
4:徴集兵の効果でキキジキをアンタップ
5:キキジキ+徴集兵のコンボをループ

生き埋め

生き埋め 》を使って上記3種のカードを一気に墓地へ落とし、オルクスや他のリアニメイトで釣り上げるのがよく使われる手法です。

騒乱の大祭 + 傷の反射

騒乱の大祭 傷の反射

騒乱の大祭 》でアップキープにライフの半分を失わせ、《 傷の反射 》でエンド時にそのターンに失った分のライフ(この場合半分)をさらに失わせるコンボです。ライフを回復すればなんとか助かることが出来そうですが《 騒乱の大祭 》によってライフを得られないのもエゲツないコンボです。

1:アップキープにそのプレイヤーのライフが切上げ半分に
2:エンド時に少なくとも更にライフ半分を失う
3:対戦相手がターンエンドするごとに敗北していく

世界喰らいのドラゴン + 動く死体

世界喰らいのドラゴン 動く死体

墓地にある《 世界喰らいのドラゴン 》を対象として《 動く死体 》でリアニメイトすると、最終的に”アンタップで出てくる自分の土地から何度もマナを出せる”ようになるため、無限マナが完成します。ETB持ちのクリーチャーが居ればこれも誘発していきます。

1:動く死体で墓地のドラゴンをリアニ
2:場に出たドラゴン効果でドラゴン以外追放
3:動く死体が外れてドラゴンが生贄に
4:ドラゴンが場を離れて動く死体等が場に戻る
5:動く死体でドラゴンを対象に取る
6:この時スタックを挟まず土地からマナを出す
7:1に戻って以下ループ

ただし、このループは《 動く死体 》で別のクリーチャーを対象に取れないと終わらせることができません。(もし他に対象を取れず、そのまま勝利する手段がなければ引き分けになります)

動く死体 》は、相手の墓地のクリーチャーも対象に取ることができるので、コンボを決める前に相手の墓地もチェックしておこう!

壊死のウーズ + スカージの使い魔 + アーチフィーンド、アスモデウス

壊死のウーズ スカージの使い魔 アーチフィーンド、アスモデウス

壊死のウーズ 》は墓地にあるクリーチャーの起動型能力を使えるため、これを利用してコンボを成立させます。
墓地に落ちている《 スカージの使い魔 》と《 アーチフィーンド、アスモデウス 》の起動型能力を《 壊死のウーズ 》で使い、大量ドローと大量の黒マナ生成をします。《 スカージの使い魔 》は場にあってもOKです。この時、アスモデウスの常在型能力を無視するのがポイントです。

1:使い魔の能力でカードを3枚捨てて黒3マナ
2:アスモデウスの能力で7枚ドロー
3:引いたうちの3枚を捨てて黒3マナを捻出
4:以下ループし、引いたX呪文をぶっ放す

霰炎の責め苦 信者の確信

霰炎の責め苦 》といったX呪文や《 信者の確信 》が相方として最適です。またウーズは他にも様々な無限コンボルートがあるため、ひたすら勝ちにこだわるのなら、他のコンボルートも仕込んでおくと良いかもしれません。

まとめ

不死のプリンス、オルクス

死を弄ぶ極悪なデーモン《 不死のプリンス、オルクス 》について相性の良いカードやコンボなどをご紹介してきました!
コンセプトはリアニメイトであるものの、統率者を軸にしていないので、統率者依存しないのは個人的にポイントが高いなと思いました。

とはいえこのオルクスも、色々なコンセプトで運用が可能ですので、ぜひ気になった方は自分だけのオルクスデッキを組み上げてみて下さい~!

かっぺさん
かっぺさん

やはりデーモンはカッコイイ

『イニストラード:真夜中の狩り』発売中

[EDH TURN] はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。(c)Wizards of the Coast LLC.

スポンサーリンク
\記事をシェアする/
《EDH TURNをフォロー》
EDH TURN
タイトルとURLをコピーしました