《統率者》厳格な者、コンラッド卿/Syr Konrad, the Grim

統率者・EDH
統率者・EDH

エルドレインの王権にて収録された《厳格な者、コンラッド卿》は、先日の記事でもアップした《勇敢な騎士、カラ卿》と同じサイクルカード。

今回は黒ということで、コンラッド卿と相性の良いカードをご紹介していくわけですが、黒は統率者戦で非常に強力なカラーリング。元々墓地を使うことに長けている上、ライフを支払うことで何でも出来てしまうので万能かつ最強の色とも言える。

それでは、ユニークな効果を持つコンラッド卿と相性の良いカードをご紹介していきましょう。

※尚、紹介するカードは初心者でも手に入り安い安価なモノがメインとなっています

《厳格な者、コンラッド卿/Syr Konrad, the Grim》
伝説のクリーチャー – 人間・騎士
他のクリーチャーが1体死亡するか、クリーチャー・カードが1枚戦場以外の領域から墓地に置かれるか、クリーチャー・カードが1枚あなたの墓地を離れるたび、厳格な者、コンラッド卿は各対戦相手にそれぞれ1点のダメージを与える。
(1)(黒):各プレイヤーはそれぞれ、自分のライブラリーの一番上のカードを自分の墓地に置く。

3/3
Legendary Creature – Human Knight
Whenever another creature dies, or a creature card is put into a graveyard from anywhere other than the battlefield, or a creature card leaves your graveyard, Syr Konrad, the Grim deals 1 damage to each opponent.
1B:Each player puts the top card of their library into their graveyard.

収録セット:エルドレインの王権
レアリティ:アンコモン

特徴

  • あらゆる領域から誘発する効果
  • タップしない起動型能力
  • 別方面からの勝ち方が可能
  • 本体サイズも申し分ナシ

まず目を引くのが、あらゆる領域からクリーチャーが墓地に落ちることで誘発する効果。

自分の墓地から離れる以外は対戦相手のクリーチャーも参照するので誘発するタイミングがとても多い。また、効果を誘発させるための起動型能力を自身で保有している為、自己完結している。

黒マナを無限に作れるなら、能力を自身のエンド時に無限に起動することで、対戦相手全員のライブラリーを全て墓地へ落とすことが出来、ドローステップで勝利していくことが可能。

墓地から何度も戦場へ戻るクリーチャーや全てのプレイヤーを対象としてライブラリーを削る効果などが相性が良い。ここで挙げるカード以外でも安くて相性が良いカードはたくさんあるので是非ご自身で調べて見つけて欲しい。

相性の良いカード・能力

クリーチャー / Creature

《破滅を囁くもの》
ライブラリーから墓地へ落とせる諜報はコンラッド卿と相性バッチリ。本体サイズも◎

Doom Whisperer

《組み直しの骸骨》
墓地に落ちて誘発。墓地から戻って誘発。能力はインスタントタイミングで起動が可能

Reassembling Skeleton

《精神潰しのハーピー》
全てのプレイヤーから誘発したらアドレナリンがドバること間違いナシ。

Mindwrack Harpy

ゴルガリの凶漢》
当然、発掘との相性は良い。ライブラリートップに乗せる効果も卿の効果で落とせば更に…

Golgari Thug

《誓いを立てた吸血鬼》
バントゥの碑とファイレクシアの供犠台で無限ドレインでございます

Oathsworn Vampire

インスタント・ソーサリー / Instant, Sorcery

《往時軍の覚醒》
相手の手札が多い?なら捨ててあげましょう。ついでに効果誘発で大量ダメージを狙える

Awaken the Erstwhile

《生ける屍》
墓地から離れる+戦場のクリーチャー生贄でとんでもないダメージになることも!?

Living Death

《道徳の変遷》
墓地とライブラリーを交換するという効果。ライブラリー中の生物+墓地分の生物誘発

Morality Shift

《永遠の若さ》
ライブラリートップにクリーチャーを積み込んであとはもう一度墓地へ落とすだけ。

Forever Young

エンチャント / Enchant

《想起の拠点》
死亡誘発でドレイン効果を持つ。エンチャントなので対処されずらいのです

Bastion of Remembrance

《拷問生活》
クリーチャーカードを捨てて墓地からクリーチャーカードを手札に戻す効果。つまり…?

Tortured Existence

《ネクロポーテンス》
捨てる場合は墓地を一度経由するので誘発。そもそもドローソースとして強力すぎる1枚

Necropotence

《最古再誕》
各章の効果が全て卿とマッチ。3章では相手の墓地も対象に取れることを忘れないように

The Eldest Reborn

アーティファクト / Artifact

《バントゥの碑》
クリーチャー呪文を唱えるごとにドレインできるいぶし銀なカード。雑に入れてOK

Bontu’s Monument

《狂気の祭壇》
組み直しの骸骨を生贄に捧げたり、墓地へ送りたいカードのためのサクり台

Altar of Dementia

《精神クランク》
ダメージによってもライフは失われるので連鎖できると楽しいことになります

Mindcrank

《永遠の大釜》
墓地が肥えるので、2~4マナで唱えられることも。死亡でライブラリーに戻ることに注意

The Cauldron of Eternity

プレインズウォーカー / Planeswalker

《憎悪に歪む者、オブ・ニクシリス》
カードを引くことがみんな大好きなので痛みが伴うことを分からせてあげましょう

Ob Nixilis, the Hate-Twisted

《死の権威、リリアナ》
ブロッカーを用意しつつ墓地を肥やす要員。ついでにリアニメイトが出来るのもGOOD

Liliana, Death’s Majesty

土地 / Land

《アガディームの墓所》
墓地のクリーチャーがあればあるほどたっぷりマナが出せる。生物多めでお使い下さい

Crypt of Agadeem

《ロークスワイン城》
邪魔されずらいドローソースは優秀。黒単ならアンタップインできるのも良い

Castle Locthwain

望ましい動き方

  • マナファクト設置やブロッカー配備
  • 卿を召喚してから戦いが始まる
  • あらゆる方法で卿の効果を誘発させる
  • 牙を向いてきた輩から排除する

なにはともあれ、コンラッド卿を場に出さなければ勝負が始まらないことに注意。序盤は必要以上にダメージを受けすぎないようブロッカーなどを立てておきたい

厳格な者、コンラッド卿/Syr Konrad, the Grim
ナカノヒト
ナカノヒト

卿の効果が連鎖できるギミックを入れると突然の死をもたらすことも可能!キメることが出来て暁にはきっとアナタも黒に染まっていることでしょう

[EDH TURN] はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。(c)Wizards of the Coast LLC.

タイトルとURLをコピーしました