《統率者》混種の頂点、ロアレスク/Roalesk, Apex Hybrid

統率者・EDH
統率者・EDH

2019年5月。マジック・ザ・ギャザリングの壮大なストーリーの節目となるセット《灯争大戦》が発売。

ニコル・ボーラスとの最終決戦を描いたこのセットでは、プレインズウォーカー36名の収録、日本人イラストレーターの起用など他セットとは一線を画する内容となった。

《戦慄衆の将軍、リリアナ》

その中でもひと際目を引いたのがファイナルファンタジーのイラストを手掛けていることで有名な『天野喜孝』さんの描く《戦慄衆の将軍、リリアナ》だ。
2020年5月現在、上記のリリアナ 日本語foilは、某ショップでは40万円を越えている
1年前のセットが今だに売れ続けている理由も頷ける価格。

ということで前置きが長くなりましたが、今回は灯争大戦に収録されたシミックカラーのカード《混種の頂点、ロアレスク》を統率者に据えた際、相性の良いカードをご紹介していきます。

※尚、紹介するカードは初心者でも手に入り安い安価なモノがメインとなっています

《混種の頂点、ロアレスク/Roalesk, Apex Hybrid》
伝説のクリーチャー – 人間・ミュータント
飛行、トランプル
混種の頂点、ロアレスクが戦場に出たとき、あなたがコントロールしている他のクリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを2個置く。
混種の頂点、ロアレスクが死亡したとき、増殖を行い、その後もう一度増殖を行う。(望む数のパーマネントやプレイヤーを選び、その後すでにそこにあるカウンター1種類につき、そのカウンターをもう1個与える。その後、それをもう一度行う。)

4/5
Legendary Creature – Human MutantFlying, trample
When Roalesk, Apex Hybrid enters the battlefield, put two +1/+1 counters on another target creature you control.
When Roalesk dies, proliferate, then proliferate again. (Choose any number of permanents and/or players, then give each another counter of each kind already there. Then do it again.)

収録セット:灯争大戦
レアリティ:神話レア

特徴

  • とにかく増殖しまくる増殖マン
  • 本体で殴りにいけるパワータフネス
  • 青緑という強い色が使える
  • 出ても死亡してもアドをお届け

フレイバーテキストを設置する余裕のない効果モリモリ野郎。頂点と名乗るだけのことはある。
今回の紹介するカードではとにかく戦闘によるダメージでの勝利を目指す方向性。ただひたすらに愚直に殴る漢のデッキは雑に楽しいのです。毒でですが。

相性の良いカード・能力

クリーチャー / Creature

《ヴィグの移植術師》
+1カウンターが乗せられない?ならコイツの出番!順応した培養ドルイドと合わせて無限マナ

Vigean Graftmage

《かき鳴らし鳥》
愚直で殴るためのクリーチャーに+1カウンターを乗せたら戦闘開始。ガンガン増殖だ!

Thrummingbird

《替え玉》
ロアレスクをコピーするとレジェンドルールでどちらか生贄に捧げる。つまり死亡誘発!

Stunt Double

化膿獣》
毒…くらってくれませんか…? 突然の感染!激励などのパンプスペルで即死を狙いたい

Putrefax

インスタント・ソーサリー / Instant, Sorcery

《激励》
マナを使わずにキャストできるピッチスペル。感染クリーチャーなどのコンバットトリックに

Invigorate

《瀬戸際の勇気》
増殖は対象はどこまでも取れる。感染で毒ダメージを全員に与えているなら全員選べるヨ

Courage in Crisis

《複製の儀式》
ロアレスクで増殖したい!!キッカーすると+1カウンター10個と増殖10回となります

Rite of Replication

《原初の命令》
愚直に殴るためのクリーチャーはコレで探す!少々重いが選べるお楽しみモード付

Primal Command

エンチャント / Enchant

《シミックの隆盛》
愚直に殴る?アレは嘘だ。カウンターをたっぷり使うデッキだからこそ隆盛が捗る!

Simic Ascendancy

《ハダーナの登臨》
やはり愚直に殴りたい方にオススメの逸品。+1カウンター戦術とも相性が良い

Hadana’s Climb

《発見の道》
探検は見た目以上に使い勝手が◎ライブラリートップ操作しつつ土地も確保できるゾ

Path of Discovery

《追われる足跡》
ロアレスクに貼ることでアップキープ毎にロアレスクの全てを満喫することが出来るヨ!

Followed Footsteps

アーティファクト / Artifact

《オゾリス》
+1カウンターをばら撒く構成なら採用したい。ただし-1カウンターも移ってしまうので注意

The Ozolith

《真理と正義の剣》
まさにロアレスクのために作られたような剣。コントロール色のプロテクションを持てるのも

Sword of Truth and Justice

《光明の大砲》
本来4ターンに1度使えるような仕様なのだが増殖があれば毎ターン砲撃も夢じゃない

Lux Cannon

《伝染病エンジン》
増殖!増殖!増殖!疑似全除去のような使い方も出来る。1ターンに何回増殖できるか挑戦だ

Contagion Engine

プレインズウォーカー / Planeswalker

《トリックスター、オーコ》
トリックスターが輝くステージはここだった…。奥義を使えたらほぼ勝ちなのも良い

Oko, the Trickster

土地 / Land

《カーンの拠点》
増殖はロマン。あらゆる方法で増殖しカウンターを増やしていきたいところ

Karn’s Bastion

《錬金術師の隠れ家》
瞬速を持たせることで相手の隙を突いた動きが出来る。コンバットトリックとしても有用

Alchemist’s Refuge

望ましい動き方

  • 感染持ちの小粒で攻撃し毒を与えておく
  • 増殖でジワジワと毒などを蓄積していく
  • リカバリーが出来るよう構えながら進める
  • 厄介な人から毒殺する

毒を与えられない・+1カウンターが乗せられないと増殖が無駄なカードとなってしまうことに注意。特に毒はかなりヘイトが高いので注目されすぎないよう展開することが求められる

混種の頂点、ロアレスク/Roalesk, Apex Hybrid
ナカノヒト
ナカノヒト

あらゆるカウンターを増やしまくれるので遊んでいて楽しいこと間違いナシ!青緑という色の割に安く組める構成にできるのもオススメポイント◎

[EDH TURN] はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。(c)Wizards of the Coast LLC.

タイトルとURLをコピーしました