スポンサーリンク

エラダムリー応援団による大型生物続々デッキ【MH3:統率者】

統率者 コーヴェクタル、エラダムリー 統率者・EDH
統率者・EDH

モダホラ3でもっともっと統率者組みたいぜ!ということで今回は《 コーヴェクダル、エラダムリー 》のご紹介です!コストを無視して手札やライブラリートップからクリーチャーを直接場に出すバグった能力持ち。

今回の記事ではこのエラダムリーについてオススメしていきたいと思います!

コ―ヴェクダル、エラダムリー
こういうことするのって大抵エルフ

まずはエラダムリーの能力について見ていきましょう!

①:あなたのライブラリーの一番上にあるカード1枚をいつ見てもよい。

1つ目はライブラリーの一番上を見る能力。次に引くカードが見えることでさらにゲームプランを立てやすくなります。

②:あなたのライブラリーの一番上からクリーチャー・呪文を唱えてもよい。

2つ目の能力は、ライブラリーの一番上にあるクリーチャーを唱えられる能力。実質手札が1枚増えたようなもので、その次のカードもクリーチャーならさらに!

③:(緑),Tあなたがコントロールしていてアンタップ状態であるクリーチャー2体をタップする:あなたの手札にあるカード1枚か、あなたのライブラリーの一番上にあるカード1枚を公開する。これによりあなたがクリーチャー・カードを公開したなら、それを戦場に出す。あなたのターン中にしか起動できない。

3つ目の能力は、ライブラリーの1番上か手札からクリーチャーを直接場に出す能力。場に出すクリーチャーのコストは支払う必要がないため、能力コストの支払いのみでOK。能力は自分のターンであればインスタントタイミングで起動が可能。しかし唱えたとき~系の能力は誘発しない点に注意。

『 ブルームバロウ 』予約受付中
ブルームバロウ
ブルームバロウ プレイブースター 予約ブルームバロウ コレクターブースター 予約
ブルームバロウ 統率者4種セット 予約ブルームバロウ bundle 予約
スポンサーリンク

デッキリスト

ということでデッキリストは以下

どういうデッキなの?

やることは簡単。クリーチャーを展開しまくりつつエラダムリーを出し、出したクリーチャーをエラダムリーの起動コストに充ててライブラリートップや手札からドデカ生物を展開していくだけ!!
殴って勝つことだけしか考えていない脳筋デッキに仕上げてみました。

◆起動コストの横並び生物

タップすると拡大されます

ラノワールのエルフ遺産のドルイドエルフの戦練者エルフの幻想家森のレインジャーワイアウッドの共生虫

エラダムリーの起動コスト「2体のアンタップ生物をタップ」を用意するため、上記で挙げたような1~2マナ域のクリーチャーをそこそこ用意する。マナクリを始め、場に出たらお仕事を終えるクリーチャーたちを使って毎手番でエラダムリーの能力をしっかりと起動していける展開に持ち込みたい。

◆高コスト生物をサーチ

タップすると拡大されます

獣相のシャーマン激情の共感者ムウォンヴーリーの獣記し大ドルイドの魔除け原初の命令歯と爪

エラダムリーの能力で場に出したい高コストクリーチャーをデッキから探し出す!この手のサーチカードは入れすぎると再現性が高くなってしまうのでコストを重めにしたりなどでレベル感の調整ができると良さげ。この辺りは卓次第ですね。

◆フィニッシャーはお好みで

タップすると拡大されます

雑食のハイドラクローサの心胆、カマール頂点のアルティサウルス孔蹄のビヒモス飢餓のドミヌス、ゾパンドレル

どんなフィニッシャーを使って勝ちたいかは人それぞれ・遊ぶ卓の展開速度次第。《 荒廃鋼の巨像 》で一撃死でも良いだろうし、《 飢餓の声、ヴォリンクレックス 》でマナを縛りながら展開しても良い。自分や周りを楽しませることができるクリーチャーを選んでみましょう!

汎用のアーティファクトはコチラを参照

まとめ

コ―ヴェクダル、エラダムリー
エルフの良さとデカブツを出す楽しさ

やっぱデカいクリーチャーで殴るのが一番楽しいんよね

エルフの横に並べる展開力と、そこへ重量級のクリーチャーがコスト無視で出てくるという理想的な展開ができる統率者《 コーヴェクダル、エラダムリー 》について紹介しました。

クリーチャーを出して殴る!!という分かりやすい目標のデッキに仕上げてみたので、誰でも取り扱いやすいかと思います。土地も基本森ばかりなので、デッキを組みやすい点でもオススメです。

かっぺさん
かっぺさん

気になった方はぜひエラダムリーで遊んでみてください~!

『 ブルームバロウ 』予約受付中
ブルームバロウ
ブルームバロウ プレイブースター 予約ブルームバロウ コレクターブースター 予約
ブルームバロウ 統率者4種セット 予約ブルームバロウ bundle 予約

[EDH TURN] はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。(c)Wizards of the Coast LLC.

スポンサーリンク
\記事をシェアする/
《EDH TURNをフォロー》
EDH TURN
タイトルとURLをコピーしました